人を知る

PEOPLE
社員インタビュー
営業

柴田 渓 ✕ 中原 祥太郎(店長)

同じ展示場の店長とスタッフで、明るく真摯にお客様を迎える。2人とも入社の決め手は、職場の雰囲気とお客様への丁寧な姿勢。

出会いから、家づくりへ

展示場にご来場されたお客様が最初にお会いするのが営業職です。私たちは、そのお会いしたときから完成した家のお引き渡しまでの全体にかかわり、仕事は多岐に渡ります。
具体的には、家づくりや資金計画のご相談から、土地探し、見積もり、契約、銀行手続き、お引き渡しまで、お客様の理想の住まいづくりを最後までお手伝いしていきます。また、契約後に家づくりが進んでいく過程では、設計職といっしょに間取りを提案し、図面が決まったらインテリアコーディネーターへ、工事に向けては施工管理へと、お客様をつなぎます。営業職はお客様の窓口です。
また、お客様と信頼関係を築いていくなかで、どれだけお客様の気持ちを汲み取れるのか。それを他職種に伝え、仲間を同じ気持ちに持っていけるかどうかが、仕事を進める上で大切なポイントだと思っています。

ひとつひとつ、丁寧に

大半のお客様にとって家づくりは一生に一度のことなので、期待と共に不安も大きいものです。さらに、お客様が家を建てたいと思ったきっかけも目的も、悩むところも全く異なるもの。ですから、はじめのご相談では、お客様からの「どんな家ができるのか」「予算は大丈夫だろうか」などの不安や疑問をひとつひとつ伺いながら、きめ細かく応対していきます。通り一遍ではありません。目の前のお客様のお話をしっかり聞いた上で家づくりのスケジュールを組んでいく。そこが当社の強みでもあります。
新人の頃に「お客様の味方になろう」と言われたこともありますが、私たちがお客様目線になっていくことが不可欠です。間取りの使いやすさや資金計画などを、自分がお客様になったような気持ちで考え、提案する。自分が納得できるものだと、自信を持ってお勧めできるんです。

お客様から幸せをもらう

お客様の生活などの悩みに寄り添ってより良い生活ができる家を提案していった結果、提案がカタチになり、新しいスタートとなる家をお引き渡しできるのは、やりがいにつながっています。
注文住宅では、お客様と初めてのお打ち合わせから工事が終わるまでに1年かかることも珍しくなく、お客様とお付き合いする時間がとても長いです。長く深くかかわれるからこそ、最初に会ったときにはハイハイしていたお子さんが引き渡した家の中を走り回っていたり、ご夫婦にお子さんが誕生したりという場面に立ち会える機会も多いです。人生の節目にお役に立てた気がして幸せな気持ちになります。家が完成したときに、お子さんから「すてきなおうちをありがとう。だいすきだよ」と書かれた手紙をいただいたこともあります。すごくうれしかったです。

応募者へのメッセージ

営業職をはじめるには、経験も知識も何も必要ありません。でも、この仕事は、絶対に周囲の手助けがなければできない仕事です。そういう営業の仕事をする上では、どれだけ素直になれるかというのは大切なポイントになるので、素直な一面を持っている方といっしょに働きたいです。
自分の人生の糧や経験、引き出しを増やしていくことなど、いろいろなことに貪欲に臨める方も歓迎です。営業職は、お客様の悩みについても貪欲に行動し、解決していく仕事でもありますから。そういう方に対して会社は周囲も積極的にバックアップしていきますので、仕事もしやすいと思います。
また、部署などの垣根がないので、展示場にいても本社にいても、お互いの顔がわかるのも当社の良いところ。距離が近くて、チームワークも最高です。

1日のスケジュール

ONE DAY SCHEDULE
08:30
出社。展示場の建物は商品と同じ。お客様目線で丁寧に掃除する
09:00
朝礼、メールチェック、電話応対
09:30
銀行へ。2組分のお客様の住宅ローン手続きを申し込む
11:00
帰社。設計職とお客様のプランについてミーティング
12:00
お昼休憩
13:00
提案資料をまとめるなど、お客様との打ち合わせに向けた準備
13:30
お客様との打ち合わせ。家づくりや資金についての疑問・不安をしっかりと伺い、解決できるようにひとつずつご説明していく
15:30
お客様の建築予定地について、建築許可を取るための建物の大きさなどの法令制限や、土地環境などを確認する
17:30
図面作成
19:00
退社