人を知る

PEOPLE
社員インタビュー
商品開発

金満健二 × 松本淳平(係長)

営業から異動してきた金満にとって、松本は開発のすべてを教わってきた先輩の一人。「公私ともに相談に乗ってくれる先輩です」

ゼロから考える「会社の顔」

大賀建設の注文住宅ブランド「アルネットホーム」には、フルオーダーの完全自由設計住宅や動物と共生するのに最適な住宅など、豊富な商品ラインナップがあります。その商品である住宅を開発するのが私たちの仕事です。家づくりのコンセプトから間取り、デザイン、仕様、ネーミング、価格までのすべてを設定し、パッケージ化します。
商品は何もないゼロの状態から開発するので、「お客様にどんな暮らしを提案するのか」、「その暮らし方に合う間取りはどうするか」「性能や設備はどのようなものにするか」「コストパフォーマンスはどうか」というように、家を成り立たせる一つひとつについて考えていきます。
そうして生まれる商品は、お客様にとっては、当社がどんな家づくりをしているかを判断するときに目印になるもの。会社の顔とも言えますね。すごく重要な仕事を任せてもらっていると思います。

先輩と後輩、力を合わせて

新商品の開発ではまず、お客様の暮らし方や現行商品の反響などのマーケティングデータを分析し、市場で差別化できる当社ならではのコンセプトを考えます。
仕様や原価を決める上では、部材メーカーや設備メーカーと打ち合わせていきます。私たちはお客様との直接的な接点はありませんが、幅広いメーカーの方とつながれるのは魅力でもあります。会話のなかから得られる情報や知識も多いです。
私たちの部署は、住宅展示場を新規出店するときの設計と仕様選定にも携わっています。仕事の範囲が広いので、商品開発は松本が、展示場は金満が主体となって進めています。ですが、部署全体で決める部分もあれば、お互いにサポートし合うことも。そのため、金満は知識ある先輩を通じて知識や技術を吸収する、松本はその後輩の姿に成長と頼もしさを感じて、先輩と後輩で良い影響を受け合っています。

共感される唯一無二の家を

これまでに多様な商品をつくってきましたが、いつも心がけているのは、お客様にも社員にも、わかりやすくて誰にでも伝わるようなものをつくること。理解しやすいものにすることで、どこかひとつでもお客様に興味や関心を持っていただきたいと思っています。
新しいものを考えていくのは、苦労や難しさもありますし、時間もかかります。2018年発売の北海道基準を上回る断熱性能を備える『極暖の家LIMITED』は、約半年の期間を費やしました。
それでも、仕事のやりがいは何かと言えば、世の中にないものをつくっているということです。会社の顔になるものを自分たちで決めていく。そこに責任と醍醐味を感じます。
また、スマートスピーカーのような時代のニーズに合うものを家づくりにいかに取り込むかということも大事な視点。最先端の情報に触れられることは刺激になっています。

応募者へのメッセージ

当社は、仕事に対して真面目でやさしい方がたくさんいる会社です。真面目な中ですごく楽しく仕事をしている印象です。良い意味で上下関係の隔たりがありません。いっしょに働く人たちとは、気軽に話せる、相談できる、そしてプライベートでの交流もできています。
皆さんには、自分のやりたいことを自己分析して、自分に合った会社や職種を見つけていただきたいです。就職や転職活動をしていると、「本当にこの会社でいいのか」と悩むことも多いと思います。ですが、当社はとてもアットホームで仕事もしやすいです。新卒入社の金満は当社の「人」に惹かれて入社を決めましたが、今感じている当社の魅力もやっぱり「人」です。
若い社員が多く、若手のときから活躍できるチャンスも多く、特に行動力がある方にとって働きやすく、成長できる環境だと思います。

1日のスケジュール

ONE DAY SCHEDULE
08:30
出社。メールチェック
09:00
部材・設備メーカーとの打ち合わせ。新規展示場用の仕様を決めていく
10:30
新商品の外観や間取り・仕様を考える
11:00
お昼休憩、移動
13:00
住宅の展示会や業界セミナーに参加。市場動向や住宅業界の展望などの情報を収集する
15:30
帰社後、事務作業。部内ミーティングやメーカーとの打ち合わせに活かすために、展示会とセミナーで得た情報をまとめる
18:30
退社